本庄ケーブルテレビ

本庄の街が経験した栄枯盛衰の歴史

本庄は全国的には知名度が低い街で、埼玉県内においても地味な存在であると思われがちです。ところが、実際には名所が多くて新幹線の駅がある街でもあります。かつてはこの街に首都を移す計画があったことからも分かるように、交通の要衝にあって強固な地盤にも恵まれていることは事実です。本庄台地や児玉丘陵には古墳が多く、古代の昔から豊かな生活環境があったことも判明しています。

 

本庄は埼玉県の北の玄関口にある都市でもありますから、観光を推進することが特に必要とされています。本庄駅が明治16年に開業してからは、東京からの観光客を呼び寄せるための努力も行われています。かつては中山道最大の宿場町として栄えたのですから、鉄道開業後も同様な繁栄を続けました。戦前までは生糸産業で繁栄を極めていましたが、戦後の時代には繁栄にも影が見えてきました。

 

本庄の街も第二次世界大戦の惨禍に巻き込まれることになりましたが、空襲による被害は軽微でした。戦後の復興はいち早く進んで、戦後には市制を施行するまでに至りました。戦争中の被害が少なかったために、市内には多くの近代化遺産が残されています。

 

本庄の商店街は昭和40年代ごろが繁栄の最盛期で、その後は厳しい状態が続いています。衰退を始めた時期に若泉公園の湧水が枯れてしまったのは、自然からの警告であったと思われます。現在では自然を復活させる努力が行われ、かつての風景が戻りつつあります。商店街の活性化は、煉瓦倉庫などの近代化遺産を活用しながら進められています。


本庄市の南部に位置する旧児玉町の地区の特徴

本庄市の児玉地区の人口は、合併前には約2万人でありました。面積は旧本庄市よりも旧児玉町のほうが広く、標高が500メートル前後の山地も有していました。児玉地域の歴史は非常に古く、少なくとも古墳時代に溯ることができます。児玉地区には多数の古墳が点在し、過去には埴輪や土器が多く発掘されてきました。中世には児玉党の発祥地として栄え、江戸時代には中山道の脇往還が通過する地域としても知られました。

 

旧児玉町が本庄市となったことで、人口は8万人規模となりました。児玉地区と本庄地区の大きな違いとなるのは水道水の性質です。児玉地区においては軟水となりますが、神流川扇状地の伏流水が原水となる本庄地区の水道水は中程度の硬水です。ミネラル分が多い硬水であるために、味は美味しいですが洗剤が使いにくいなどの弊害があります。ヤカンの底にはミネラル成分が凝固しやすくなるために、頻繁に掃除をする必要もあります。

 

児玉地区は起伏が激しい地形が特徴で、山間部は昼夜の温度差も激しい傾向があります。独特な気候を活用して、児玉地区の山沿いではチャノキの栽培が行われています。市内にはブドウ農園もわずかにありますが、特に栽培が盛んなのが児玉地区のナスです。本庄市の児玉地区で栽培されるナスの品質は極めて優秀で、埼玉県の名産品としての価値も認められています。ナスとともにキュウリも特産として重要であり、国道462号沿いにある農産物直売所の人気商品となっています。


本庄の自然豊かな観光スポットについて

本庄市は埼玉県の北西部にあり、江戸時代には中山道の宿場町として栄えました。市名の由来は1556年に築城された本庄城からとって付けられました。2004年上越新幹線本庄早稲田駅が開業したことにより、東京から50分ほどで行けるようになり、行楽や観光で気軽に立ち寄れるスポットとなりました。
本庄市には、花など自然が堪能できるスポットや古くからの名所が多くあります。旧児玉町の間瀬湖は、桜の名所やヘラブナなどの釣り場として知られ、県内外から多くの人が訪れています。小山川河畔5キロメートルにわたって植えられている約1,100本の桜が満開になる頃、こだま千本桜まつりが開催されるようになりました。郷土芸能の上演だけでなくフリーマーケットや模擬店が出るなど訪れた人が楽しめる工夫がいっぱいです。本庄での観光の合間には本庄の風俗で疲れた身体を癒やすことも可能です。本庄のデリヘル埼玉のデリヘル店の中でも熊谷デリヘル川越デリヘルと同様に店舗数も多く競争も激しいので、リーズナブルに楽しむことが出来ます。
旧児玉町の長泉寺に骨波田の藤があります。5月上旬から中旬にかけて、枝から1メートルも花房が垂れ下がって咲く姿は見ごたえ十分です。県指定天然記念物に指定されています。本庄市ふるさとの森公園は緑豊かな公園で、観光農業センター、予約すれば使えるバーベキュー広場、ハイキングコースなどがあります。数種類の木製アスレチック遊具やブランコなどの遊具は子ども達に人気です。
2008年に埼玉県の景観賞を受賞した児玉町小平地区には古くから養蚕の盛んな地方で、農家の屋根には高窓といわれる換気用の窓があり、今なお残っていることから高窓の里と呼ばれ、懐かしい風景を見るために観光に訪れる人が多い地区です。その地にある百体観音堂は、浅間山大噴火で亡くなった方の冥福を祈り、供養するために建立された仏塔です。